Archive for 3月, 2012

3月 30

美白には効果があるけれど・・・

ニキビ跡が残るようになってきたこの頃。
ニキビ跡のケアにはローズヒップオイルがいいと知り試すも、効果がイマイチなくて撃沈。
だって、つけてもまたニキビができたんだもの、くすん。

そして次にチェックしたのが、昔から評価が高そうな、というより、美白といえばこれでしょう、的なイメージのあるポンズ ダブルホワイト。
これをラインで揃えてしばらく使うことにしました。
楽天で最安値のところを選び出し、ローション、乳液、クリーム、すべて朝用夜用揃えて使ってみました。
というのも、昔友人の友人が使っていて、念入りにマッサージすると、確かにケミカルな白さになる、と評価していたからなのです。

ケミカルでもなんでも白くなればいい、このニキビ跡さえ消えれば!
そう思って、ラインで揃え、しばらく真面目に使いました。
使い心地は思ったよりもよく、朝晩のお手入れが別というのですごく頑張っている気分にもなれました。
何より、確かに少し白くなったような気がしたのです。

ただ、美白には多少効果があっても、吹き出物は相変わらずぽつぽつと出るので、やっぱりこれでOKというわけではありませんでした。
乳液、クリームと重ねると、ニキビにとってはイマイチよくないようです。
そこに、ピーリングジェルをプラスし、週に2度くらい、余分な角質を取り除くようにしていたのですが、それでもダメでした。

もっといいものがあるはずなんだけどなぁ。
ネットで探すと、評価の高いものはいろいろあります。
ただ、ありすぎてどれがいいのかイマイチ決めきれず、そこで止まってしまいました。

悩みながらも、化粧品を探す手は止めず、モニターがあればそれに応募し、トライアルセットがあれば購入してみたりを繰り返しました。
そして、そこで運命の化粧品との出会いがあったのです♪

コメントは受け付けていません。
comments

3月 25

ニキビ跡のケアにいいものを探して

「肌が白いわね」「きれいな肌ね」と褒められて育ってきました。
日焼けもすぐに白く戻り、肌質もよかったのかニキビに悩まされることもなく大きくなりました。
そんな私の前に、数年前から立ちはだかったもの。
それは「シミ」

きっかけは、突然やたらめったらニキビ、いや、吹き出物?ができるようになったことでした。
ニキビはつぶして治すものとしてやってきたのですが、治らなくなってきたんですね。
年齢と共にほら、治癒力っていうの?も下がってきたのに気付いていなかったの。
例えばあご、鼻の下。
ニキビが治っても、いわゆるニキビ跡がシミになって残るようになったんです。
そのうち治るだろうと思っても全然改善しない。
でもニキビは出来て、つぶして。
どんどんシミばかりが増えていくと、さすがに人間あせりますって。

ニキビやニキビ跡にいいと言われるものをいろいろ探し、試しました。
まずはニキビと言えばクレアラシルでしょう、と、ちゃんと薬を塗るも、なかなか治らず結局手が勝手につぶしてしまう・・・キャ~!
巷で人気のプロアクティブは美白効果はなさそうだし、けっこう乾燥するというのでパス。
できれば美白効果が高いものがいいんだもん!
そしてついにネットで見つけたのがローズヒップオイルでした。

ローズヒップオイルはビタミンによる美白効果も高いし、シミやシワにも効果がある、と書かれていたので即購入です。
でも、とても酸化しやすいので保存は冷蔵庫、とか、夜のお手入れのみにしか使えないとか、買ってみていろいろわかるんですよね。
わくわくしながらしばらく使ってみたのですが、残念ながら私にはニキビの改善効果も美白効果も感じられず。
最初にどん、と効果が出ないとそのあとのやる気って半減しません?
結局このオイルはあまり使われないまま期限がきてしまい、私は次を求めてまた旅立ったのです。

コメントは受け付けていません。
comments

3月 23

震災は終わっていない

3月11日。
あの恐ろしい東日本大震災からもう1年がたちました。
あまりテレビを見ない我が家ですが、その日は本当にたまたま、TVをつけたのです。
映し出される津波の映像は恐ろしいものがありました。
いったい何が起こっているのか、私たちでさえ理解するのに時間がかかったのですから、現地の人たちはさらにパニックになったに違いありません。

当時ブログで仲良くなった、東北地方のお友達が2人ほどいました。
あせって何とか連絡を取ろうとするけれど、なかなかブログも更新されません。
不安ばかりがよぎります。
幸い友達は二人とも無事でした。

一人は、すぐに停電してしまい、何が起きているのかまったくわからなかったと綴っていました。
そう、電気がないということはTVなどの情報もないわけです。
だから、自分の身近でそんなことが起こっているということを知らなかったのです。

もう一人は仙台の人でした。
彼女はちょうど車に乗っていたそうです。
本当に恐ろしい揺れだった、と。
そして、揺れる少し前に彼女が車で通った場所は津波にのまれたそうです。
生かされた命なのだから、頑張らなくては、と言い、自分も被災者であるのに、現地でボランティアを頑張っていました。

私も微力ながらお手伝いをさせていただきました。
現地に行けないのだけが本当にもどかしく思いました。
TVでは支援物資がたくさん集まっている様子だったけれど、実際末端部には届かないという実情を、私は彼女を通じて知っていましたので、直接彼女宛に色々な物資を送りました。
しかし、宅配もなかなかうまく行かず、大変だったのを覚えています。
今現在、少しは落ち着いたようですが、まだまだがれきは残っているし、彼女はボランティアを続けています。
1年たってもまだ震災は終わっていないのです。

ボランティアには外国の方も多くいらしているそうですね。
あるブログを読んでいて知ったのですが、外国の方かと思いきや
中には帰化申請をして日本国籍を取得しており、
少しでも復興の役に立てばとボランティアに参加している方もいるそうです。
それほどまでに日本のことを想ってくれる方がいると思うと、胸が熱くなります。

コメントは受け付けていません。
comments

3月 21

介護生活への不安とモチベーション

最近、同居している姑の物忘れが心配なんです。

今日が何曜日なのか、よく分かっていないようです。
まぁ、仕事をしていない76歳なので、曜日感覚が無くなるのは歳相応と言えるかも知れません。

それよりも心配なのは、物をよく無くす事。
無くして探しているならまだしも、無くなったのを、一番身近にいる私のせいだと思い込んじゃうんですね。
私が捨てた、とか、私が勝手に使っちゃった、とか。いわゆる被害妄想です。

さすがに心配になって姑のかかりつけの担当医に直接この状況を説明したのですが、
「特に問題ないと思います」と一言。
問題ないですと???

元・介護老人保健施設相談員の私をなめてもらっちゃいけません。
何百ケースと担当していて、何百ケースも高齢者介護を見てきた女でございますよ。
その経験から言わせてもらいます。

問題ない訳なかろうが。典型的なボケ始めですわ。

そして、一番一生懸命かかわっているはずの主介護者(主に嫁)が、
要介護高齢者にとっての被害妄想上の「犯人」「悪者」になっていくんです。
一生懸命やっているのに報われない、辛いパターン発生注意報発令中です。

高齢者介護の大変な所は、肉体的疲労よりも精神的ダメージの方がよっぽど深刻だと思うんです。
一生懸命お世話しても、認知症など発症した場合、感謝される事はめったにありません。

この、報われない悪循環を解決する方程式を編み出したら、ノーベル平和賞がもらえるでしょうか・・・?
私の日々の努力と工夫が、同じ辛い思いをしている他の誰かのお役に立てば・・・
というモチベーションと、ノーベル平和賞受賞の野望を胸に、私は何とか逃げずに今の生活を続けられています。

一生懸命やった事がたとえ姑に届かなくても、息子が私の背中を見て育っている事も意識して、
誰にも迷惑の掛からない時には息抜きをし、あと何年・・・とかは考えず、
介護生活をあたりまえの日常として生きていきたいな、と思う私であります。

とりあえず、今日は姑の遺失物を私のせいにされてイライラしたので
発泡酒ではなくビール飲んじゃいます(笑)。

コメントは受け付けていません。
comments